夜の現場や工場などで活躍|機能性を重視するなら自動制御|手動よりも効率的

機能性を重視するなら自動制御|手動よりも効率的

男性

夜の現場や工場などで活躍

作業員

タイプから選ぶ

作業灯は、夜の工事現場や工場などで作業をするときに灯りを照らしてくれる装置として役立ちます。作業員ではない人でも、倉庫や書庫で作業をするときには作業灯があれば効率的な作業が目指せます。作業灯にはいろいろな形や大きさがあり、手に持って灯りを照らすタイプから、幅広く現場を照らしてくれる大型のタイプもあります。現場によって使い分けることができるので、現場にふさわしいタイプを選ばなければいけません。狭い通路で作業をする場合は、持ち運びができて場所に困らない手で持てるタイプが適しています。狭い空間に対して集中的に光を発する特徴を持つので、不便さを感じません。逆に広い場所では全体を広く照らしてくれるタイプがおすすめで、地面に置いて照明そのものの位置を変えていくものもあります。作業灯であればなんでもいいということではなく、そのタイプをよく把握してから選んでいくと失敗は防げます。

機能性を重視

作業灯で使われる灯りには、最近はLEDのものが目立ってきました。作業灯として長く使用できるというメリットを持つため、このタイプのものを求める人は多いです。また、防水機能で現場作業にも対応した丈夫な素材もあり、安全に使える機能も持ち合わせています。そして大型の作業灯であっても、フラットな形で場所を取らないコンパクトなタイプも人気があります。作業現場ではいろいろなものを置いたり、狭い場所であるなど、とにかくスペースを確保しづらいところも少なくありません。そういったところでは、場所を取らない作業灯が適しており、なおかつ強い灯りであれば作業もはかどります。作業灯は便利な機能が搭載されているものが充実してきているので、幅広い種類から選んでいくことができます。